西川地域コミュニティ協議会 本文へジャンプ
当協議会の紹介

発 足  平成18年6月4日

所在地  新潟県新潟市西蒲区旗屋701−2
      (新潟市西川地域コミュニティセンター内) 

 組織状況   
会長   1名
副会長   3名
西川コミセン センター長   1名
西川地域体育施設
         センター長
  1名
西川社協 会長   1名
西川社協 副会長   1名
部会長 
  6名 
副部会長   6名
事務局長  1名
事務局次長  1名
監事   3名
 西川社協 理事  10名以内
 西川社協 会計  若干名


【西川地域の概要
 この地域は、曽根(ソネ)地区、鎧郷(ヨロイゴウ)地区、升潟(マスガタ)地区の3小学校区で構成され、平成17年3月21日に新潟市と合併するまで西蒲原郡西川町(ニシカンバラグン ニシカワマチ)として発展してきました。特に保健・福祉の施策に重点が置かれ、他に比類なき町であったと言えます。
 この地は、西方に霊峰弥彦山、角田山連峰を望み、大河信濃川大河津分水から放流される西川(ニシガワ)と、東部に流れる新川(シンカワ)の流域にある平坦地で肥沃な蒲原平野の中心であり、美田化され自然条件に恵まれた有数な穀倉地帯といえます。産業は地域全体の70%が農業用地で、そのうち95%が水田であり、コメの生産が地域の基幹産業と位置付けられています。しかし、農業就業人口も年々減少し、今後はさらに進むものと推測されます。
 西川地域の総人口12,000余人、約3,700世帯。人口動態の状況は、特に核家族と高齢単独世帯の増加が顕著です。また、少子高齢化、核家族化により、地域の伝統や伝承に関わる行事の維持が困難となってきており、地域内での連帯感・協働感の希薄が目立つことは、コミュニティ協議会が抱える大きな課題となっています。